顧問弁護士のメリット

顧問弁護士を雇い入れると月に一定の面会時間を設けることができます。その面会の際に、企業の役員は社内の気になることを相談したり契約書や人事書類といったものの内容チェックを行ってもらったりします。
特に法律が関わる重要書類については、専門家に確認をしてもらっておくことで安心感が高まりますし、万が一ミスがあれば赤字を出してしまったり企業の経営危機に陥るようなこともありますから必ず行っておきたいことです。

また、従業員がトラブルを起こしたり企業間のやり取りで揉め事が生じたり、クレームを受けたりした際に間に入って顧問弁護士が対応をしてくれます。場合によっては訴訟や交渉に発展することもありますから、やはり法律の専門家がそばにいてくれることは安心が高まります。

他にも、最近では企業のコンプライアンスが重要視されており、顧問弁護士にコンプライアンスの研修を依頼することもできます。従業員に仕事の範囲内で知っておくべき法律知識やトラブル対処の方法を講演したり、必要に応じて書面でマニュアルを作成したり注意喚起をしたりすることもしてもらえます。

これらのことは従業員が自分たちで調べて作業を進めるよりも専門家に依頼することでより正確な情報が得られるメリットがあるだけでなく、専門家に任せることで従業員の仕事の負担も軽減でき仕事の作業効率を上げることにもつながります。