顧問弁護士の依頼料

顧問弁護士と顧問契約を結ぶのはもちろん無料ではありません。企業の規模や弁護士によって価格は異なりますが、一般的な相場として2万円から10万円を支払うものです。

そして、毎月の面談時間や相談時間、メールでの質問回数というのもある程度の規定があるのでこの規定外の相談であったり出張を依頼したりするときには別途費用が発生します。特にトラブルや相談事項がないときにはこの顧問料が高いと感じることもあるものです。
確かに年間の相談料をトータルすると、何か困ったときにだけ弁護士に相談料を支払って相談をしたり書類の確認を依頼した方がリーズナブルなこともあります。しかし、毎月の顧問料を支払ってしっかりと契約を結んでおく方が得られるメリットはたくさんあります。

まず、日頃から相談をする時間を持てることで会社の経営理念や経営者の考え方を弁護士とシェアできることでトラブルの際に経営者に変わって弁護士が的確な判断が取れること、経営者にとって良き相談相手ができることで得られる安心感があります。トラブルが起きてから弁護士を探すことから始めると、弁護士がすぐに見つからないこともありますしトラブル対応までに状況説明や会社情報の伝達が必要となり初期対応が遅くなってしまいます。
そうするとトラブルが大きくなることもありますし交渉がうまくまとまらなくなることもあります。企業が安心して経営をできるよう、万が一の時のためにも特別なことがないときにも顧問弁護士との契約は結んでおくべきなのです。